留学先で不倫!

私がイタリアに留学していた時期の体験談です。
昔から男運が悪く、まともな相手と真剣に恋愛をしたことがないまま当時私はすでに20代半ばにさしかかっていました。
将来の不安や現状への不満などから、いっそ結婚して普通の主婦になって一生イタリアで過ごしていけたらそれなりに幸せなのではないかと安易に考えていました。

 

そんな折に一人の年上男性と知り合いました。
知的で大人で落ち着いた雰囲気の彼は、旦那さん候補として有力なように思われました。左手に指輪も見えません。お互いオペラ鑑賞が大好きだという共通点も私には魅力的でした。
私の方から誘う形で会うようになり、数回目のデートで男女の関係になりました。

 

交際は順調に思われましたが、偶然道で会った友人に彼を紹介したところから状況が一変しました。
私の彼氏として友人に紹介されたことに彼は慌てて、自分が既婚者であることを白状してきました。

 

家庭がある身だから他人に易々と自分たちの関係を喋ってくれるなというのです。明らかに故意に黙っていたのだから私を責めるのはお門違いですし、知らないうちに不倫をしてしまっていたことのショックも大きかったのでその日はかなり落ち込みました。

 

その夜ある用事のために友人の同僚の日本人男性と会うことになり、その方と他愛もないお喋りをしているうちに不倫の彼のことを喋ってしまいました。精神的に辛いところに気の合う日本人の優しいイケメンが話を聞いてくれたのです。

 

すっかりほだされ、不倫男などきっぱり切り捨てて、こちらに乗り換えたいと真剣に思いました。
ですがそう上手くことは運ばず、日本人の彼と何の進展もない日々に不倫男からの誘いは続きます。車で遠くの町までオペラを観に連れて行ってくれたりするので、正直便利でもありました。

 

 

気持ちが日本人の彼に動いていたので、不倫男との関係も割り切っておいしいところだけを楽しんでしまえばいいと思うようになり、結局半年ほどだらだらと関係を続けました。

 

その後不倫男は転勤になり、遠くの町へ引っ越して行ったので私たちの関係は円満に終わりました。
予定外だったのは予想していなかったダメージが私に残ったことでした。割り切って楽しんでいたつもりが、別れて数日は泣きに泣きました。

 

彼の何が良かったのだかさっぱりわかりませんが、ドライブで遠出してあちこち一緒に旅したことでたくさんの思い出が出来てしまい、不覚にも喪失感が膨らんでしまったようです。
日本人の彼も結局はいなくなってしまい、私はしばらくひとりぼっちでした。